GAMU6タイラバ釣行記㊳

シェアする

2021年1月21日 小潮 久しぶりの好天気の凪予報なのでK君とHさんの3名でタイラバ出漁しました。今年は初釣りからタイラバで真鯛を何とか仕留めているので大丈夫だろうとポイントに向かう道中は話が弾みます。窓の外は朝日が昇ってとても綺麗な凪の海面をポイント目指して進みます。ポイントに着いて数流し目に私の竿にヒット。今日も幸先良しと思いきや針ハズレのバラシ。その後ショートバイトは有りますがヒットに持ち込めないまま時間が過ぎます。ポイントを転々としながら再び最初のポイントに戻るターン作戦で攻めます。水深55メートル底から30メートルほど巻き上げていたら小気味の良いアタリ。そのまま巻き続けているとドラグからジジーとラインが出て行きます。ゆっくりと慎重に浮かせてネットインしたのは50真鯛で今日の本命ゲットです。でもその後が続かず昼が過ぎ益々アタリの無い状態になってしまいました。30分残業して残り僅かになった時、Fさんにヒットしましたが小鯵。そして残り後5分のところでK君にヒット。ドラグがズルズル斜めに出て行きます。最後の最後で仕留めたのはメジロでした。お天気良いけれど潮速が遅くてほとんど潮が流れない状況なので仕方ないですが厳しい一日でした。

シェアする

フォローする